ダンゴムシのように。

20歳をババァ呼ばわりとか本気なの?死ぬの?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
7月27日はアイマスの3周年ライブの日である。が、一緒に行く予定だった後輩が急に「ライブに行けない」というのであった。これは明らかにおかしい。FC以来ろくにゲームをやってこなかった私にアイマスを強く勧めてきた彼。残業を断ってでもDLCを落としに帰宅していた彼。私がカラオケでアイマスの曲を入れる度に歌唱指導&ダメ出しを行う彼。14インチのTVに映るまこちーの姿を食い入るように見守る彼。彼のアイマスへの人として明らかに間違った熱意は誰にも負けなかったはずだ。そんな彼が何故アイマスのライブに行かないのか?仕事をやめてでもいく程度の熱意は持っていたはずだったのだが……。そうして私は至極もっともな疑問を持つに至る。その疑問が氷解したのがつい先程のことであった。

「いや俺彼女できたんで、日曜はデートなんすよ」
「いや~この間キスはしたんですけどね。今度はちゃんとホテルに(ry」
「あ、あんたのフレにも『お前らがラライブ行ってる間、俺はギシアン(ry」
「フヒヒ、魔法使いm9(^Д^)プギャー」

理由は三次元か。
この理由を聞いて私はアイマス縛りカラオケで微熱SOSをぶち込まれたときのような衝撃を受けた。俗にいう青天の霹靂である。三次元は人を変える。それも絶望的なくらいに。結局アイマスSPのネタで盛り上がることもなく淡々と肉を焼くキモオタ二人。そのあとのカラオケでも、彼は持ち歌の団結(1人10役)を歌うこともなく黙々と普通のアニソン歌うのであった(普通のアニソンって何だ?)。ともかく財布を持っていかなくて本当に良かったと思う私マーメイド。

スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。