ダンゴムシのように。

20歳をババァ呼ばわりとか本気なの?死ぬの?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「誕生日なんだよ」「へー幾つになったん?」「30」「魔法使い魔法使いwwww」「うるせーバカ。メシ奢ってくれ」といった感じの会話があって皆でラーメンを食いにいくことになった。もちろん俺の分は奢りである。行くのはいつもお世話になっているラーメン富士丸。とにかく量が多いのとにこやかな接客態度が気に入っているのですっかり常連である。席に着き、早速同僚が俺の誕生日だということを話したら店長もにこやかに「おめでとうございます」といってくれて麺を茹で始めた。「お幾つになられたんですか?」「30」「へぇ意外に年取られているんですね」「それほどでも」「バカだろお前wほめてねぇよwそれより魔法使えよwホイミホイミw」「うるせーバカ」といった感じの会話があってラーメンが出来るのを待つ。待つこと数分、店長が茹で上がった麺の湯を切り器に入れていく。ここは普通のラーメンでも他の店の大盛り位の量なのであるが、よそられたのは丼からはみ出るくらいのあずささんの胸のような山盛りの麺。たゆんたゆんと明らかに常軌を逸した量。嫌な予感がしつつも「あー今日は麺マシマシのお客さんがいるのかチャレンジャーだなぁw」なんて明後日の方向に向かってすっとぼけてみたがそれもムダだったようだ。「いんこさんニンニク入れますか?」にこやかに俺に聞く店長。もはやサービスなのか嫌がらせなのかわからん。こうなればヤケクソで返すしかない「全マシカラメでお願いします」同僚たちは苦笑しつつ肩を叩いてくれた。よく考えたらこの仕打ちは君達のせいだと思うのだが。まぁ出てきたのが下の写真である。

誕生日ケーキ
こんなん食えるかぁっ!というか運ぶ際に麺と具が多すぎてスープめちゃくちゃあふれてるんですよ。比較対照にペプシコーラ缶でも置けば良かったかな。とにかく今回初めてラーメン食いながら泣いたね。もちろん感動したからじゃないよ。あと初めてラーメン屋で土下座した。食うの手伝ってもらうために。とにかく人生は罰ゲームなんだなぁと思ったさ。当分ラーメンはいいです。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。