ダンゴムシのように。

20歳をババァ呼ばわりとか本気なの?死ぬの?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
給料が入ったので久々に本屋で文庫版の虚無への供物を購入してみた。とある科学の超電磁砲が売ってなかったから代わりにという安直な理由だけど(怒られそうだ)。それはともかくこの本前回読んだのが10年前くらいだったんだけど新装版は上下分冊になっているみたいだ。たしかに分厚い文庫は読むのには少し不便かもしれないけれど、やっぱり文庫は字がぎっちり詰まってても1冊のほうが良いな~とどうでも良いことを考えた。ラノベとかあの薄さで10数冊もあるなんて気が狂いそうになる。……とにかく、とりあえず買ってみたけれど毎日のように弁当箱のようなノベルスを読みふけっていたあのころの情熱はまだ残っているのだろうか。今年中には読んでおこう。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。