ダンゴムシのように。

20歳をババァ呼ばわりとか本気なの?死ぬの?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
アマガミ タイトル
アマガミ1周目クリア(はるか先輩)。面白かったです。
まず前回の訂正というか俺の勘違いの修正とか。このゲームはプレイヤーが複数の話題の中から任意に話題を選び、その話題が相手の望んでいる話題(常に4つ設定されている)とマッチすれば、女の子のテンションが上がったり好感度が上がったりしてご褒美イベントが見れるという仕組みの会話モードなるものがある。そこでてっきりこの会話モード中に(アタック以外の)特定の話題を選択することが何らかのイベントフラグになっているのだろう、ホワイトアルバムみたいだな~なんてことを書いたように思う。すまねえこりゃあ間違いだ。別に話題ってのはイベントフラグでもなんでもなくあくまでご褒美を見るためのゲームの手札に過ぎなかったワケです。また失敗しても『今朝に戻る』コマンドを使ってやり直せば、リロード前にヒットした話題の履歴もそのままだからいちいちメモを取るまでもなく難易度は下がるわけです。またイベントマップの見方もご丁寧に説明書に書いてありました(当たり前か)。ちゃんと読んでからやれば単独攻略は簡単です。スマンね。

で、1周やってみた印象を語るとやっぱ「面白かった」に尽きる。感動的なシナリオとか意表をつく展開とかそんなもんはまったくなくて、ただただ先輩に会って話して身悶えしての単調な繰り返しの日常。このゲームはそんな作業を通しておんなのこ関係が深まっていくだけというシンプル極まりないものなんだけど、この単調な感じが本当にふつーに日常っぽくて良かった。ふっつーに学園生活してふっつーにおにゃのこと仲良くなろうと試行錯誤していくって感じを受けたわけ。時折関係ないキャラの強制イベントでキーッってなったりしてさね。自分がやってきた最近のギャルゲーだと大抵「~の選択肢を選ぶ」ってだけであとは次の選択肢まで読むだけ~って感じだから、どうしても読書をしてる気分に近くなりがちです。良くも悪くも読者・視聴者としてのめりこむと言えばいいのかな?アマガミはそういう意味でプレイヤーキャラと自分の間の距離が比較的近く感じられました。ときメモとToHeartの違いと言えばわかりやすいだろうか(←余計わかんねーよ)。

で、大方の予想通りお姉さん大好きな俺が特攻したのは森島はるか先輩なワケです。ボケボケでお茶目でマジ可愛いんだが本当にどうしよう。「わお!」と言うたびにリピート、年下扱いされるたびにえへへーってにやけて、先輩が茶目っ気たっぷりに女上司やらお嫁さんを演じてみたら僕もうダメです。挙句の果てには「はい、お手」「おすわり」→「ワンワン」と条件反射的に答えてしまうくらいとにかく可愛い。柔らかそう。クリスマスデート(ネタバレ画像)なんてモニタ凝視してしまったのね頭かきむしりながらハァハァ言いながらさ。「ハッハッ…せ、先輩、、ハァハァせssfせんせんせぇんぱぁいい」みたいな。よく考えたら危ない人だよね。次プレイするときはボールギグでもつけて自重するわと反省。

まとめ。とりあえず1周しただけだけどアマガミはかなりベタな、んで王道のギャルゲーだった。仮に貴方が一般人の友人に「何かオススメのゲーム教えて」と言われたらときメモ・ToHeartと来て、今の時代ならこれを勧めても良いんじゃないのかなーって思う。もれなく可哀想なものを見る目ってやつを知ることができるだろうから。

おまけ




純一、お前がナンバーワンだ。

このゲームは鼻息が荒くなりますよね^^
下の動画のイベントはエロいとか以前に爆笑しました。

2009.03.28 11:49 URL | 豆の木 #- [ 編集 ]

>ときメモとToHeartの違いと言えばわかりやすいだろうか(←余計わかんねーよ)。

いや、わかる、わかるぞ

2009.03.28 12:18 URL | 羽根 #DOoPnujQ [ 編集 ]

>豆の木さん
このゲームやってると笑ったり頭かきむしったり身悶えしたり
ごろごろ転がったりと多動症の子供のようになってしまうんです。。。

>羽根さん
ご理解していただけたようで何よりです。オススメです。

2009.03.29 05:42 URL | いんこ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nekopants.blog32.fc2.com/tb.php/107-6f52aeb4

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。