ダンゴムシのように。

20歳をババァ呼ばわりとか本気なの?死ぬの?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
タイムリープタイトル
来週発売となるタイムリープ体験版が来ました。内容は物語のイントロ部分といったもの。とはいえストーリー的には展開がミエミエなので特に語っても仕方がない(どうせあとでプレイする)。自分はPC版をプレイしていないのでやってみて気になった点を書いてみる。
まずこの作品で一番目を引くのはキャラクタの表示なんだけど、立ち絵・イベントシーンと2Dの背景に3Dのキャラクタがリアルタイムレンダで表示されている。3Dのモデルをリアルタイムで計算して表示しているようなのでまあギャルゲにありがちな立ち絵の会話シーンでもキャラクタが髪の毛弄くったり首傾げたりとちまちま動きつづけて面白い。最近良くあるキャラクタにズームする表現などでもぼやけたりしないのもへぇって思いました(画像1画像2)。また「歩姉は無言でノートをバリバリと破っていく~」なんて動きも文章だけでなく実際にキャラクタの一連の動きで表現したり(画像3画像4)と感心しきり。使い方次第ではギャルゲーの表現の幅が一気に広がるんじゃないのかなあと期待してしまう。

またこれは非常に驚いたのだけど「シーン巻き戻し機能」がついていた。通常だとせいぜいバックログからボイス再生程度しかできないなのだが背景も動作も含めてシーンごとまとめて巻き戻せるというのはすごい。歩姉のぱんつかかと落としも何回だってみれるね。すごいぞ!

しかし気にならない点がないわけでもなく、たとえばキャラクタと背景のギャップが大きく、なんだか書き割りの前で演劇をしているみたいに見えるなぁとか、例によって地の文の位置は画面下部だからせっかくキャラクタに直接演技させられるのにも拘らず視線を上下しなくちゃならないとか(まあだから巻き戻しがありがたいんだけど)、ただキャラクタが2D→3Dとなっただけで他は既存のギャルゲーの枠組みのままで正直おっついていないなという印象を受けました。とにかく製品版には期待します。

タイムリープOP


さて今回はタイムリープ体験版だけでなくドリクラのPVやらアイマストレーラーまできてしまって嬉しい悲鳴を上げております。動画自体はあげたけど紹介する余地があまりなかったり。I wantは最後になるのかな。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nekopants.blog32.fc2.com/tb.php/145-79967030

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。