ダンゴムシのように。

20歳をババァ呼ばわりとか本気なの?死ぬの?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
以前GH3同梱のギタコンが壊れた件については書いた。それ以降GHWT同梱のギタコンを使用していた。しかし購入してしばらく使用しているとどうもストラムを上下するたびにキィキィうるさく近いうちにまた故障しそうで不安で仕方がない。しばし悩む。GH5同梱のギタコンを購入するべきか…いやいやここはBeatlesにするべきだろJKなんて。結局、最終的には「作りがガチ過ぎのギタコン」でお馴染みのLogitech製ギタコン(以下ロジコン)を購入することに。GH5にせよbeatlesにせよ輸入したら1万程度するしってことでせっかくだしということで(でもそのうちこの2つとも買っちゃうんだろうな)。
ロジコン01ロジコン02
まずは外箱と同梱物。どうやらWT発売時に企画されたものであることが窺われます。中身はギタコン本体、ストラップ、電池、ヘッドセットアタプタ。かなり簡素です。

ロジコン04ロジコン06
WTコンとの比較。ボディの形、大きさ、厚み等はほぼ同じ。ただし重さがまったく違います。しばらくロジコンプレイしていると重くて少し疲れる(おっさんになったせいなのだろうか)。フレットボタンはWTのものよりも上下・左右共に1mm程度小さく、ネックにいたっては5mmほどロジコンのほうが太い(黄色部比較)。この数ミリの違いというのがかなり大きくてプレイ中はフレットボタンがかなり小さく感じたわけで。

ロジコン07ロジコン08
おそらく一番触れることになるであろうフレットボタンとストラムバー。フレットの感触はスッと押し込むとカチッと音が出るような感触。ボタン自体がぐらぐらと動くのは手抜きではなくて、横に滑らせるような動きをちゃんと想定しているのだと信じたい。ストラムバーに関してはRB2コンと同じく磁気センサーっぽくGHシリーズのギタコンと比べてかなり静か。キィキィともカチカチとも言わない。これはRB2コンと比較しても遜色ないレベルで、RB2コンに比べた場合ロジコンはストロークする際に適度な抵抗があり好みが分かれるんじゃないかと思われます。ちなみにダウンピッキングオンリーだけど連打の正確さは目に見えてあがった。

ロジコン09ロジコン10ロジコン11ロジコン12ロジコン13ロジコン14
細部色々。ペグなんかも無駄に作ってあって好感が持てる(持っても仕方がないが)ネックとボディの結合部分はちゃんとネジ止めしてあってこれなら鉛筆で塗り塗りしたり、配線ばらして直結作業も必要ないだろう。ちなみに箱○本体とのペアリングは電池ボックスの中にボタンがありますので注意。

というわけで駆け足で紹介してみた。早速Coopで使ってみたけれどネックの太さやボタンの間隔に少し違和感がある程度で1曲プレイすれば「うはwwwwロジコン最高wwwww」と自慢したくなること請け合いである。もちろん3曲もやれば「重いよ…疲れたよ……」と愚痴りたくなることも間違いない。こんな素敵なギターコントローラがいちばんかんではたったの29800円で発売中!(←何故か値上げしてるいちばんかん)。つぎはドラムコントローラーだっ!

ボルトオン、ペグ、ピックアップ、トレモロ。
作りがガチ過ぎるだろw
ロジコンスゲェw

2009.09.19 17:25 URL | ロッケ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nekopants.blog32.fc2.com/tb.php/183-56eaf8d7

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。